婚活パーティーで押さえて欲しい10のポイント

婚活の始め方

以前の記事で婚活パーティーについて紹介しましたが、気になるパーティーは見つかりましたか?

気軽に参加できる婚活パーティーですが、対策無しで成果を出すのはなかなか難しいです。

今回は、これから参加する婚活パーティーで気をつけていただきたいポイントをまとめました。いきなり全部できなくて大丈夫です。

意識するだけでも変わりますので、少しずつ実践してみてください。

プロフィールカードはしっかり書く

きちんとしたプロフィールを書くと、真剣に婚活していることが伝わるので、それだけで印象が良いです。項目はある程度決まっているので、準備していきましょう。

また、焦らず丁寧に記入する時間を確保するため、最低でもパーティー開始10分前には会場に着くようにしましょう。

女性の話を聞く

短い時間の中でなんとか自己アピールしなければいけないと思い、自分のことばかりを沢山話しがちですが、それでは女性はあなたと話をして「楽しかった」とは思いません。

「自分の話をする < 相手の話を聞く」ということを常に意識して、相手に楽しく話をしてもらえるように努めましょう。

そのためには、相づちを丁寧に行い、共感する姿勢がとても大切です。

年齢などの条件で決めつけない、先入観を持たない

自分の理想の条件に合致しなくても、相性の良い女性は沢山います。

「〇〇だからナシだな」と決めつけず、先入観はなるべく捨てて、とにかくその時その時の会話を楽しみましょう。

相手との共通点を探す、共通点について話す

自分の趣味を一方的に話すのではなく、まずは相手の話やプロフィールの中での自分との共通点がないか探ってみましょう。

それについて「僕も〇〇好きなんですよ」などと話をすと、自然と親近感が湧き、会話も盛り上がるでしょう。

相手の目を見て会話をする、でも見過ぎない

感情は目から伝わります。目線をキョロキョロさせていると落ち着きがない印象を持たれますし、伏し目がちだと自分に興味がないんだなと思われてしまうかもしれません。

緊張すると思いますが、しっかり相手の目を見て話をする、話を聞く、ということがとても大切です。

ただ、一瞬も目を離さず見つめ続けるのは逆効果ですので気をつけて。

ハンカチを持っていく

複数の初対面の女性と話をするというのは大変緊張しますし、いつもよりもテンションを上げて話す必要もあるので、思っている以上に汗をかいてしまうこともあるでしょう。

汗で額や顔がテカテカ、ビショビショ…なんていうことにならないように、ハンカチを持っておきましょう。

上手くいかなくても諦めない

会話の途中で、上手く話せてない、相手が楽しそうじゃない、と感じても、それは自分の単なる思い込みという場合があります。

次に繋がる可能性を捨てず、諦めずに頑張りましょう。

笑顔で明るく、テンション3割増しで話す

普段と同じトーンで話していると、「楽しくないのかな?」「暗い人なのかな?」と思われます。

楽しそうに笑っていると、それだけで好印象です。いつもより大きな声ではっきりと喋ることを意識しましょう。

カッコつけようとしない、慣れてる振りはしない

カッコつけたり、女性慣れしてる振りはすぐにバレます。バレるとカッコ悪いので、むしろ、「こういう場、実は苦手なんです。」「緊張してて上手く話せなくて…」と言うくらい素直な態度で挑みましょう。

カジュアルになりすぎないようにする

どんな服装で参加するかは悩むところですよね。「カジュアルキャラで行くぞ!」という意思がある場合は問題ないですが、それでもせめて襟アリの服装で参加しましょう。ジャケットを着るのが無難です。

荷物についてですが、リュック、ショルダーバッグは一気にカジュアル感が増してしまいます。席を移動する時にモタつく原因にもなるので、なるべく手ぶらで参加することをお勧めします。

まとめ

いかがでしょうか?

数が多いので、難しいと思うかもしれませんが、どれも大事なポイントになります。

意識や対策をすればすぐにできるものと、ある程度の慣れが必要なものがあります。

自分でもできそうと思えるものから少しずつ取り入れてみてください。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

コメント