書評ブログを書く際に気をつけることを調べました

独立、勉強

昔から本を読むのが好きで、通勤時間(毎日往復2時間)はなるべく本を読むことにしています。

紙の本を持ち歩いてたのですが、Kingleを活用するようになってから、更に本を読むようになりました。

専門家の知識を1,000円程度で学べるのが良いですよね。

  • これからこのブログを膨らましていきたい
  • 本が好きなので、せっかくだから書評ブログを書いてみたい。

そう思ったので、まずは書評ブログを書くために注意すべきルールを調べてみました。

▼参考にさせていただいたサイト

ブログで書評を書くことと著作権について | コアースのブログ
先日、このブログで初めて書評を書いてみました。書いていて気になったのですが、書評を記すことは、著作権との兼ね合いで問題にならないのでしょうか。ネットで少し調べてみました。文化庁のホームページから得た情報をもとにまとめてみました。 著作権の基本的な考え方 文化庁のホームページ(著作物が自由に使える場合)の冒頭部分には、次...
ブログで「本の要約」は著作権法上ダメなのか?記事を書くときに気を付けること。 | 冷静と情熱のアイダ
※2017年9月20日最終更新 こんにちは、ルワンダ会計士ブロガーのぴかりん(@dujtcr77)です。 本の要約をしているサイトを見かけたりすることってありますよね? またブロガーやサイト運営者であれば要約を含めた記事を書いたことがあるかもしれません。 「本を要約して公開する」という行為は問題なのか? 今回は本の要約...

文化庁のホームページなどの硬い文章をわかりやすく解説しており、記事の書き方についても勉強させていただきました。

  • 引用とわかるようにタグでくくる
  • 引用メインの文章にしない
  • キャプチャは貼らない

どんなジャンルの書評を書くかによって変わりますが、私はこの3つの点を注意して記事を書こうと思います。

きちんとルールを守り、良い情報を沢山提供できるようになりたいです。

コメント