結婚に対してポジティブなイメージを持つ

婚活の始め方

皆さんは結婚に対してどのようなイメージを持っていますか?

今よりも何倍も幸せになれるといったイメージはありますか?

今回は、迷いなく婚活を進めていくために大切な「結婚に対してポジティブなイメージを持つこと」についてお話しします。

結婚に対してネガティブなイメージを持っていませんか?

婚活に踏み出せない、上手くいかない人の多くに

「結婚に対するネガティブなイメージが強すぎる」傾向があります。

結婚に対するネガティブな要素としては

  • お金の自由が減る

自分の趣味にお金を使えなくなる。
将来のために節約しないといけなくなる。

  • 自分の時間が減る

ゲームなどを好きな時間にできなくなる。
飲み会やサークル活動に毎回参加できなくなる。
副業に回す時間がなくなる。

  • ひとりの女性に縛られる

例え幼馴染としても、他の女性と遊ぶことが難しくなる。

などがあり、あげればきりがありません。

趣味の多い理系男子にとってどれも厄介な内容で、私自身かなりの葛藤がありました。

しかし、ネガティブな要素ばかりに目を向けていると、いつまでたっても婚活はうまくいきません。

また、ネガティブな要素を抱えたまま婚活をして、仮にうまくいったとしても、その後の生活で不満が出て、後悔してしまう可能性があります。

ネガティブをポジティブで塗り替える

迷いなく前向きに婚活を進めるためには、

「結婚に対するネガティブなイメージをポジティブなイメージで塗り替える。」

といったことが大切になります。

27才で婚活を始めた私の場合は、

  • ネガティブな要素を受け入れ、それを越える幸せがあると信じる。
  • ネガティブなイメージを超えるポジティブな要素に目向ける。

ことによって、結婚に対するネガティブなイメージを洗い流しました。

そして、今よりも絶対に幸せになろうと決意しました。

その結果迷いが無くなり、前向きな気持ちで婚活を進める事が出来るようになりました。

結婚に対して前向きになったことで気持ちも軽くなり、女性に対して積極的にアプローチ出来るようになりました。

結婚にはポジティブな要素が沢山あります

結婚に関するポジティブな要素としては、

孤独感が減る

周りの友人が結婚しだすとなかなか今までのように遊ぶ事ができなくなるので、その時に感じる孤独感から解放されます。

幸福感が増す

「おかえり」と言ってくれる人、上手くいかない時に支えてくれる人がいるのは大きいです。

ふとした日常に幸せを感じる事が出来るようになります。

プレッシャーから解放される

個人的に、20代後半〜30代の方で結婚に関してプレッシャーを感じていない人はいないのではないかと思っています。

表面的には開き直っていても、心の奥にはモヤモヤしたものが残っているものです。

20代の後半にもなると、親や親戚から心配もされるので、そのプレッシャーから解放されるのは大きいです。

生活が楽になる

2人になると出費が増えるとばかり思っていた私としては意外な事でした。

奥さんが働いている場合ですが、生活費を2人で払うことになるため負担が減ります。

子供が生まれる可能性がある

運良く子供を授かる事ができましたが、やはり自分の子供はとにかく可愛いです。

親や祖母の喜ぶ姿を姿を見て、親孝行ができたのかもと思いました。

仕事のモチベーションが上がる

「自分が生活するために働く」から「誰かのために働く」という気持ちの変化は思いのほか大きいです。

職場で嫌な事があっても、負けずに、逃げずに頑張る事ができます。

といったものがあります。

結婚してから気づいた事もありますが、私自身の場合、仕事に対するモチベーションが上がった事が一番の良い変化でした。

最後に

結婚によってできなくなることは多くなりますが、それを越えるポジティブな要素を沢山感じることができています。

この記事を見ていただいている方は、心の奥では直ぐにでも動き出したいと思っているはずです。本格的に動く前の気持ちの整理として参考にしてみて下さい。

ここまで読んでいただきありがとうございました。